定期ケアメニュー

愛車を長持ちさせるには、走行距離に応じたメンテナンスが重要です。
走行距離別・テーマ別で各メニューをご確認ください。

5,000km毎に!(または半年毎)

5,000kmまたは6ヶ月ごとのエンジンオイル交換がエンジンを常にベストコンディションに保ちます。

10,000km毎に!(または1年毎)

オイルフィルターはエンジンオイルの汚れをろ過し、オイル本来の性能を保ちます。

前輪タイヤと後輪タイヤを入れ替え、偏った摩耗の進行を防ぎます。

長期間交換しないと風量低下や脱臭効果も低下します。

定期的に交換しないとブレーキの効きに影響が出ることがあります。

晴れている時はつい忘れがちですが、雨の日の事故原因で最も多いのは「視界不良」です。

効率的な燃焼で燃費回復、始動性・加速性が向上します。

20,000km毎に!(または2年毎)

交換作業は、最もエアが混入しにくい真空方式で行います。

スムーズな加速とパワー、燃費を維持するには定期的な交換がおすすめ!

FR車、FF車それぞれ専用のオイルを取り揃えています。

カーブをスムーズに曲がるならディファレンシャルギヤオイルの定期的な交換がおすすめです。

パワーステアリングフルードが劣化すると摩擦抵抗が増え、ハンドルが重くなります。

発炎筒は、法律で定められた必須常備品です。

50,000km毎に!(または5年毎)

摩耗したまま使用するとブレーキの効きが悪くなり大変危険です。

フィルターが目詰まりした状態で使い続けると、エンジンの性能が低下したり、燃費の悪化の原因になります。

ベルトのたわみ・ひび割れ・亀裂等やエンジンルームから「キュルキュル」と音がしたら交換時期です。

70,000km毎に!(または7年毎)

3回目の車検での交換がおすすめです。

  • ※一部、車種については点検内容が異なる場合があります。

ピットメニューの料金は、お近くの店舗の料金表をご覧ください。

  • ※ピットメニューの価格は、全国の店舗によって異なります。詳しくはお近くの店舗情報をご覧ください。
  • ※一部車種については点検・作業内容が異なる場合があります。