カーメンテナンスQ&A

エンジン周り編 Q&A

いつもと違うクルマの変化、それがメンテナンスのサインです。気になるクルマの症状や素朴な疑問などをリストアップ。

アンサー内の各メニューの詳細は、ピットメニューからご確認ください。

  • Q1エンジンオイルは、どれくらいのサイクルで交換したらいいの?
    A

    エンジンの内部で、潤滑・密閉・冷却・洗浄・防錆などの役割をはたすエンジンオイルはとても重要です。オイルが劣化してくると金属同士の摩擦が増えてエンジンを痛め、音が大きくなったり、燃費が悪くなってしまいます。そうならないためにも、5000kmまたは6ヶ月毎の交換が効果的!

  • Q2最近購入した中古車をメンテナンスしたい。
    だけど、何から手をつければいいのでしょう?
    A

    走行距離の多いクルマなどは、通常のエンジンオイル交換だけでは細部に残っているドロドロの老廃物を落とすことが出来ません。そこで、エンジン内部丸洗い!特殊な洗浄液でエンジンオイルの通り道を完全洗浄することで、燃費が向上!パワーも復活!します。お好みの缶オイルをお買い上げの場合も、エンジン内部丸洗いをおすすめします。

  • Q3最近、ミッションのギヤの入りが悪いんだけど・・・。
    A

    マニュアル車のトランスミッションの中では、数多くのギヤが噛み合って回っています。ギヤの入りが悪いと感じる原因は、トランスミッションの中で働くミッションオイルが劣化するためです。2万km走行毎のトランスミッションオイル交換をおすすめします。またオートマチック(A/T)車にも2万km走行毎の、A/Tフルード交換をおすすめします。

  • Q4四駆に乗っていますが、最近“うなる”ような音が気になるなぁ。
    A

    エンジンの動力をタイヤに伝えるギヤ部分(ディファレンシャルと呼びます)にも、潤滑の役割をはたすオイルが使われています。走行時の“うなる”ような音は、このオイルの劣化の可能性が考えられます。2万km走行毎のディファレンシャルギヤオイル交換をおすすめします。

  • Q5アイドリングが不安定、マフラーからも黒い煙・・・クルマの寿命なのかな?
    A

    走行を重ねていくうちに燃焼室内(燃料が燃える所)には、カーボンやヤニなどの頑固な汚れが付着していきます。これを放置し続けるとパワー不足や燃費の悪化、黒煙やアイドリング不安定などの症状が出てきます。そんな時には、燃焼室内を洗浄するエンジンエンジン燃焼室洗浄がおすすめです。

  • Q6エンジンルームから、キュルキュルという音が聞こえる。
    A

    エンジンの回転力をいろいろな補機類へと伝達しているゴム製のVベルトというパーツがあります。これが劣化したり、張りが緩んだりすることで「ベルト鳴き」と呼ばれる異音(キュルキュル音)が発生します。最悪の場合は切れて走行不能になる可能性があります。点検で劣化が判明した場合は、早めのVベルト交換をおすすめします。