カーメンテナンス豆知識

スパークプラグ

ガソリンは車を動かすために必要な燃料であり、エンジンの中で空気を混ぜた混合気を燃焼させることで動力(=エンジンを動かす)を発生させます。
エンジンは混合気を吸収し、圧縮させ、燃やし、排気する、この繰り返しで動いています。混合気を燃やすためには、「火」をつけてやる必要があり、この火つけの役目をしているのがスパークプラグです。小さい部品ですが、とても重要な役割を果たしています。
火花を飛ばす中心には電極がありますが、火花を飛ばせば飛ばすほど先端が丸く消耗します。この先端が丸く消耗すると火花の飛びが悪くなり、混合気へ安定して着火できなくなる可能性があります。
そうなると、エンジン馬力の低下・燃費の悪化・エンジン寿命へ悪い影響を与えるおそれがありますので、スパークプラグの定期的な点検、早めの交換をおすすめします。

プラグの交換時期の目安

電極は火花放電によって放電しやすいところから消耗します。
特に中心電極はより高温になるため、酸化されて消耗します。プラグ交換の目安は4輪乗用車の場合で、通常1.5万~2.0万kmぐらいと覚えておくのがいいでしょう。

白金プラグ、イリジウムプラグとは?

白金プラグとは、中心電極と接地電極部にプラチナを用いたスパークプラグのことです。
最近の新車に採用されており、耐久性と着火性に優れ、寿命は10万Kmです。そのほかに、イリジウム電極を使用したイリジウムプラグがあります。イリジウムプラグは電極を白金プラグより細くし、火花を飛びやすくさせ、着火性能を向上させています。また、白金とイリジウムを組み合わせたプラグ等も発売されています。