みんなのガレージ・ジェームス

MENU

カーメンテナンス

症状・お悩みからさがす

いつもと違うクルマの変化、
それがメンテナンスのサインです。
気になるクルマの症状や目的から
ピットメニューをご紹介。

  • ロングドライブ前の
    メンテナンスは必要なの?

    お車の日常点検とメンテナンスは使用者の義務となっていることをご存知ですか?12ヵ月ごとの法定点検では車の基本的な機能である、「走る・曲がる・止まる」という部分について、状態を確認するとともに点検整備しますが、日常の点検とメンテナンスを行っておけば、大きなトラブルを未然に防ぎ整備費用も結果的にはおさえることもできます。ジェームスのカウンターにてお気軽にご相談ください。

  • バッテリーのトラブルで
    エンジンがかからない!

    「なんでエンジンがかからないんだ!」普段問題なく動いている機械が動かないと普段温厚な方でも、取り乱すことはあります。出先で車が動かないなんてことがあればもう大変ですね。でも、バッテリーが原因で車が動かないということは良くあることなのです。寒い地域では効率よく化学変化が起こせないためにエンジン始動が出来なくなったり、しばらく車に乗らないときには完全に放電してしまってバッテリーが上がってしまうこともあります。
    車のバッテリーは利用状況によっても寿命が変わってきますが、一般的には2年~3年のサイクルで交換するケースが多いです。
    外出先で急にエンジンがかからなくなった!なんて言うことを防ぐためにも、日常からの点検と定期的な交換をおすすめします。

    バッテリー点検はお気軽にスタッフまでお申し付けください!

    車(オルタネーター等)や、バッテリーの性能向上で、寿命寸前までバッテリーの劣化に気づきにくくなっています。
    日常の点検でバッテリートラブルを未然に防ぎましょう!

  • メーターに意味不明なランプが
    ついて困っている?!

    普段は付かないメーターのランプが付いているときほど不安なときはありませんよね? しかもメーターのランプはまるで古代文明の象形文字のようです。意味が分かるんだか分からないんだか・・・。
    とにかく緊急事態だからこそ光っているのに意味が分からないのは困ります。メーカーによってランプは異なりますが、特に危険度が高いものについては同類の表示を使っています。エンジン始動後も点灯したままなら何かしらの異常を知らせる状態です。ジェームスのカウンターにてお気軽にご相談ください。

  • 最近、燃費が悪くなったと
    感じている。

    燃費が良い車を買って思うことは、「あれ、思ったより燃費よく無いじゃん?」 これは良くあることです。カタログ燃費(JC08モード)といって特定条件で計測された燃費について発表しているからです。
    車はエンジンやタイヤの抵抗が高くなると燃費が悪くなります。タイヤの空気圧が低くなっていたら空気を補充するだけで燃費改善できますし、エンジンオイルを交換することでも劣化しら状態から改善されます。

    タイヤの空気圧点検もジェームスにお任せ下さい。

    タイヤの空気圧や溝、破損など、タイヤの状態をプロの目で素早くチェックします。
    傷の度合いに応じて「内面修理」または「外面修理」もご用意しております。

  • タイヤのパンクや
    空気圧不足のトラブル。

    車のメンテナンスでどこが一番大切かといえばやはりブレーキとタイヤでしょう。
    ただ、一度動き出した車をとめたり操作するのは最終的にタイヤになりますので、これが機能不全になったとしたら大変です。タイヤは搭乗者全員の命に関わるのみならず、事故があった場合には相手にも損害を与える原因になるでしょう。
    タイヤはそれほど重要な要素ですが、意外に軽視されていることをご存知ですか?

    こんな症状はありませんか?
    • 何か刺さっているかも!
    • 走行中に車がふらつく!
    • タイヤの空気圧が抜けている!

    愛車のトラブルにも強力バックアップ!部品代と作業工賃がセットになったお得で安心価格!
    まずはレジにてお車の状態をお伝えください。

  • エンジンの調子が悪く、
    パワーが無くなったと感じるとき。

    「買ったときはもっと車に元気があったのに、最近だめだなぁ」なんて感じることありませんか?特に坂道なんかだと、踏み込んでいるのになんだかもたつくような嫌な感覚。こんなときにはエンジンの調子が悪くなっている可能性があります。
    車は機械部品の集合体ですから、定期的に修理やメンテナンスをしなければ当然性能が落ちてきます。ただ、ちゃんと整備すればエンジンの調子も戻ります。
    日常的に出来ることは定期的なエンジンオイルの交換です。交換時期の目安は走行距離なら5000km~10000km、期間では半年に1回のいずれかになります。

    エンジンオイルとフィルターのセットがポイント!

    オイルフィルターはエンジンオイルの汚れをろ過し、オイル本来の性能を保ちます。

  • タイヤを長持ちさせるコツは?

    最近の車はインチが大きいホイールが多いので、タイヤ交換が非常に高く付きます。車検を受ける時に何とか安くしたいと思って車検チェーン店を利用したのに結局タイヤを交換しなければならないことになり、がっかりしていましたなんて言うことも。
    ローテーションをしっかりすることでタイヤを長持ちさせることが出来できます。
    まずタイヤローテーションは名前の通り、タイヤの位置を変えるというもので、前輪の消耗と後輪の消耗が異なるので、これを均等に使っていこうという思惑があります。
    タイヤ転がり方向が指定されている場合には、前後だけのローテーションとなります。
    タイヤローテーションを行う頻度については5000kmごとか半年かのどちらか早いほうになります。

    ローテーションで偏った摩耗の進行を防ぎます。

    タイヤは同じ位置のまま長期間使用していると、前輪と後輪で摩耗の進行具合が違ってきます。
    定期的なローテーションでタイヤ長持ち。

  • エンジンオイルの選び方と
    汚れ具合の確認方法は?

    車を買うと色々なものにお金がかかります。維持費は様々な項目でかかりますが、メンテナンス系統で代表的なものとしてエンジンオイルがあるでしょう。エンジン内は過酷な環境において、故障無く稼動させるためには潤滑油の存在は必要不可欠です。
    潤滑油によって、部品間のこすれなどを最小に抑えて故障や損耗を減らしています。
    オイルは品質の種類として鉱物油、化学合成油、部分合成油の3つに別れ、また温度環境に適したものを選ぶときには数字を見てください。汚れ具合の確認方法は、ボンネット内部のオイルゲージである程度の確認が可能です。
    お車に詳しくない方は、ジェームスのカウンターにてお気軽にご相談ください。

    どんなお車でもおまかせください!

    5,000kmまたは6ヶ月毎のエンジンオイル交換がエンジンを常にベストコンディションに保ちます。
    ジェームスでは豊富なラインナップでお客さまの車種やカーライフにあったエンジンオイルをご提案します。

  • ブレーキの効きが
    おかしいと感じたとき。

    「あれ、最近ブレーキ踏んだ感覚がおかしいぞ!」車に長く乗っているとそんな感覚を覚えるときがあるでしょう。多くは勘違いなのですが、どうもおかしいと思ったらブレーキパットが汚れていたなんてこともあります。
    ブレーキには消耗する部分が多いので、ブレーキの効きがおかしいと感じたときは直ぐに点検をしてください。
    ブレーキはブレーキパットやローター、ブレーキフルードなど使えば使うほど消耗しますので、消耗している場合は部品交換が必要です。

    まずはブレーキ点検で原因を診断!

    ブレーキの力をタイヤに伝えるのがブレーキパッドです。
    摩耗したまま使用するとブレーキの効きが悪くなり大変危険です。3mm以下は要交換!

  • 最近、ハンドルが
    重いと感じたとき。

    ハンドルが重いと感じたらまずタイヤの状態や空気圧をチェックしましょう。それでも軽くならない時はサスペンションやパワーステアリングの精密部品に異常の可能性があります。そのまま運転を続けていると場合によっては高価な修理費用がかかる場合もあります。
    一般的にはパワーステアリングフルードが劣化すると摩擦抵抗が増え、ハンドルが重くなります。
    先ずはパワーステアリングフルードの点検・交換をおすすめします。

    こんな症状はありませんか?
    • 最近ハンドルが重くなった
    • ハンドルを切った時の異音が気になる

    スムーズなハンドリングを確保する重要なフルードです。
    油圧機構(ポンプ)の負担も軽減します。

  • ワイパーのふき取りが
    悪くなったと感じるとき。

    車を買ったときは雨をはじきまくり、ワイパー動きまくりで視界良好だったと思います。でもしばらく乗っているとなんだかワイパーもうるさいし、視界も綺麗にならないと感じることがありますよね?
    ワイパーは交換することで機能を回復させることが出来ます。水を弾くのは、コーティングなどを行えば機能が回復するでしょう。目安としてはワイパーの拭き残しなどがあったり、ワイパーが跳ねてしまうような動作があったら要注意です。

    こんな症状はありませんか?
    • スジが残る
    • 拭きがビビる
    • 拭きムラがある
    • にじむ

    新車純正採用率No.1の高品質「グラファイトラバー」を使用!
    撥水ワイパーなら雨の日のドライブを快適にします。
    既に撥水処理をしている場合は、撥水効果が長持ちします。

  • 最近、エアコンの臭いが
    気になるとき。

    エアコンは車外から花粉・ホコリやイヤな臭いを取り込んでしまいます。侵入を防ぐにはエアコンフィルタの交換やエアコン消臭でクリーニングが効果的です。
    さらに効果的なクリーニングには直接エアコン内部のエバボテーターを洗浄することをおすすめします。
    さらに、車内に付着したタバコや臭いの元を合わせてクリーニングすると更に効果的です。

    車内をリフレッシュして、爽やかドライブ。
    • エアコンをつけるとイヤなニオイがする
    • エアコンの風量が弱くなった気がする

    エアコンフィルターは、長期間交換しないと風量低下や脱臭効果も低下します。エアコンフィルター交換に加え、エアコン消臭はタバコを吸う方、ペットを乗せる方にもおすすめ!