クルマの楽しみ方みつかる週刊カーライフ

新しい発見がきっとあるカーライフにまつわるコラム集。
毎週更新中!

カテゴリー

シリーズ一覧

  • あれコレ気になる
    カーグッズ
  • カー用品選び方
    指南
  • 365日、
    ドライブ日和
  • カー用品店の楽しみ方、
    付き合い方
  • シリーズ以外の
    コラム
週刊カーライフTOPへ

執筆者一覧

  • カーグッズ
    マガジン編集長
    倉嶋 源
  • レーシング
    ドライバー
    新田 守男
  • カーライフ
    アドバイザー
    鈴木 珠美
  • 様々な分野で
    活躍する
    達人たち
週刊カーライフTOPへ
シリーズ選択
執筆者選択

カーライフアドバイザーの「365日、ドライブ日和」ソロキャンプを横目にまずはピクニックドライブから楽しんでいます

鈴木 珠美2020/11/27

近ごろ人気を集めているソロキャンプ。でもアウトドア初心者がいきなりひとりで行くのはハードルが高いですよね。そこで手初めにはじめたのがピクニックドライブ。これならマイカーさえあればいつでも気軽に楽しめます!


テントひとつ、ひとりで張れない・・・

車の撮影は外での撮影が中心なので、長年、なんとなくアウトドアっぽい雰囲気は味わっていますが、ちゃんとしたキャンプというと高校生の頃に女性10人ほどで(きゃーきゃー言いながら)バーベキューをして、ロッジに宿泊したのが最後。3×3mのタープテントは所有していますが、これは車のイベント用。以前の愛車(ルポGTI)にはタープを装備していたこともありますが、これも撮影のためが主な使い方で、いずれも自分ひとりでは立てたことがなく、正直、個人のアウトドアレベルはとても低い。
でも近ごろ若い女性から上は還暦ガールまで、ソロキャンプを有意義に楽しんでいる様子を見ると、ちょっぴりやってみたいなという気持ちが生まれました。愛車の横でお気に入りのツールを広げて、自然に囲まれた中で淹れたてのコーヒーを飲みながら、たき火とともに過ごすひととき・・・これもまた車生活ならではの楽しみ方ですよね。
とはいえ、これまでテントひとつ、人任せにしてきた面倒くさがりで、(組み立て家具さえ苦手という)不器用な私にはソロでキャンプに行くのはかなり難易度が高いこと。テントを購入しキャンプ場に行っても、夜寝るまでにテントを立てられる自信がない。ぐちゃぐちゃになったテントを横目に車内でふて寝するのがオチです。

そうだ、ピクニックドライブへ行こう!

そんなわけで、誰でも簡単にアウトドア気分が味わえる、ピクニックドライブを楽しんでいます。なんのことはない風景の良いところまで車を走らせて、車といっしょにティータイムをするといった簡単なもの。でもこれがまた、なかなか心地よい車との過ごし方で気に入っています。

ピクニックドライブに用意したもの
・チェアとテーブル(これだけでも気分は上がります)
・レジャーシート(いつも車内に常備しているもの) ・保冷バッグ(目的地に行く途中に購入したサンドイッチやスイーツなどを入れるのに便利) ・ヒザの上に乗せるトレイ(車内に常備) ・サンシェード(紫外線防止だけでなく、休憩時は目隠しにもなるので重宝しています) ・お湯を沸かせるカー用品(アウトドア演出にかかせないカー用品)

すでに家や車の中に積んでいたアイテムばかりですが、ひとまずはこれで、ピクニックドライブという名のアウトドア気分を味わっています。外でお湯を沸かして温かい飲み物を飲むだけでも、アウトドア気分は上昇しますね。

まだトライしていない車遊びがあった

風景の良い場所で車を停めて、チェアを並べてお茶するだけでも心地よいし、車のドアを開けて車内でのんびりするのもあり。マイカーがあれば自由きままに、いつでもアウトドア気分が味わえます。
こうやってピクニックドライブからアウトドアの入口を堪能していると、次なる目標も浮かんできます。車内でお昼寝もできるように寝袋を用意しようかなとか、次回はガスコンロを持ってきてお湯を沸かそうかなとか、タープとたき火台をレンタルして、デイキャンプに挑戦してみようかなとか。
これまでもたくさんマイカーと遊んできたつもりだったけど、まだまだ私自身がトライしていない車との遊び方、楽しみ方はたくさんあるなーとしみじみ。大人だからこそできる車との過ごし方をこれからも自分のペースで、体験して発見して楽しんでいきたいと思います。みなさんの車生活はいかがですか?

文・鈴木珠美

カーライフアドバイザー&ゆるトレ講師。自動車専門誌の出版社を経て女性誌、ブライダル誌、動物雑誌など、様々なメディアで、車と女性、犬とドライブ、小休止時のストレッチなどあらゆる角度から車生活系の企画編集執筆、ワークショップなど開催。女性のための車生活マガジンbeecar(ビーカー)運営。

  1. HOME
  2. 教えてジェームス
  3. 週刊カーライフ
  4. ソロキャンプを横目にまずはピクニックドライブから楽しんでいます