そうだったのか!クルマのはてな匠の一問一答集

クルマに関するちょっとした疑問やお悩みを解決します。
まずはシーンからお選びください。

カテゴリー

  • 点検・メンテナンス
  • 事故・トラブル
  • 視界・視覚
  • 洗車・傷修理
  • ニオイ
  • 冬季
  • その他
匠の一問一答集TOPへ

人気のタグ一覧

  • エアコン
  • エンジン
  • エンジンオイル
  • カーシャンプー
  • キズ補修
  • クッション・シートカバー・マット
  • 車のキー
  • ドライブレコーダー
  • バッテリー
  • ブースターケーブル(バッテリー上がり)
  • プラグ(スパークプラグ)
  • 芳香剤・消臭剤
  • 窓・ガラス
  • ミッションオイル
  • ライト・ランプ
  • ワイパー・ワイパーゴム
  • ワックス・コーティング剤
もっと見る

ヘッドライトレンズのくすみを取る方法はありますか?

ひと世代前のクルマでよく見かける、黄ばみやくすみといったヘッドライトのにごりは、樹脂表面およびレンズコーティングの劣化によって起こります。紫外線などによる外的要因によって表面は傷んで変色し、また小傷に汚れが入り込むことでくすみも生じます。

こうなるとライトユニットの発光も遮ってしまうため、必要な光量を得られなくなり、状況によっては車検を通せないレベルにまで低下してしまいます。

とはいえ、表面だけのダメージなら、専用液剤で拭き取るだけでリフレッシュでき、さらに進行した状態でも専用コンパウンドで削り落とすことで一新することができます。その後、再び同じ症状になり難いように、コーティング処理までセットで行うことができれば一安心。

もちろんプロの手によるピットメニューなら、ポリッシャーなどの専用機材を使うことで仕上がり良く、メンテナンスサイクルもより長く取ることができます。

ヘッドライトレンズのクリーニング

施工前後の差に注目。専用コンパウンドによる拭き取りだけで、ここまで透明度が違ってきます。当然、ライト点灯時の運転席からの見え方にも変化があり、より明るくなります。

施工前

施工後

専用のコンパウンドを使い、ヘッドライトを擦りあげると、目に見えて劣化被膜を落とすことができます。一般的なシャンプーやクリーナーではこうはいきません。

  • ライト・ランプ
  • 洗車・ケミカル用品

関連製品

シュアラスター
ゼロリバイブ
ヘッドライトの黄ばみを落としてクリアに復活させるヘッドライトクリーナー!
  1. HOME
  2. 教えてジェームス
  3. 匠の一問一答集
  4. ヘッドライトレンズのくすみを取る方法はありますか?