マイページへ

Q & A

メンテナンスQ & A

section 1
Q

自分のクルマは点検しなくていいの?どこか悪いところはないのかな?

A

自分ではなかなか出来ない日常の点検も、ジェームスにお任せください。

Q

“ランプが切れていますよ!”って言われたけど、そのうち換えればいいかな?

A

ヘッドライトやウインカーなどの電球(バルブ)類が切れると、運転に支障が出るだけではありません。ブレーキランプが切れれば、周囲を走る車に止まることを知らせることが出来ません。たいへん危険なうえに違法行為です。ジェームスのランプ交換なら楽々おまかせ。ピットスタッフがあなたのクルマに合った電球を選んで交換いたします。

Q

発炎筒ってなに?クルマに付いているモノなの?

A

万が一の非常用に使用するもので、国産車なら助手席の足元にある赤い筒、まさにそれが発炎筒です。もしものときに危険・障害物があることを知らせます。
ご存知ないかもしれませんが、発炎筒には有効期限があるんです!!
有効期限が切れていると、万が一の非常時に正常に機能しない恐れもあります。

Q

バッテリーはどうして弱くなるの?

A

エンジンの回転力で発電した電力を蓄えておき、電気を必要とするたくさんのシステムを作動させるのがバッテリーの役割ですが、充電と放電を繰り返す中で、やがてバッテリー自体も劣化していきます。さらに、冬の寒さや夏の暑さ、その両方に弱いのもバッテリーの特性です。バッテリーは、バッテリー液の不足や冷え、電気の使い過ぎ、そして寿命によりあがってしまいます。バッテリー交換の目安は2年です。JAFロードサービスの出動依頼でも、常にトップを争っているくらいだから、定期的な点検、メンテンナンスを心がけたいものです。

Q

雨の日は視界が悪くて怖い!なんとかならない?

A

1年間に何万回ともなく往復するワイパー。紫外線や長期間の使用によるゴムの劣化で拭き取りは徐々に悪くなっていきます。視界確保に年1回のワイパーゴム交換をおすすめします。
さらに撥水ガラスコーティングを行えば、強力な撥水膜が水滴を弾き視界がクリアに保たれます。

Q

長距離ドライブに出かける前に、自分でチェックできることってなに?

A

タイヤの空気圧点検があります。クルマごとに決められた新車装着タイヤの空気圧を指定空気圧と呼びます。空気圧が低いと燃費が悪くなったり、タイヤが片ベリし、最悪のケースでは破裂の危険も生じます。クルマごとの指定空気圧は、クルマのボディや取扱説明書に記載されています。高速道路を運転するロングドライブ前、または月に1度くらいの空気圧点検をおすすめします。

section 2
Q

エンジンオイルは、どれくらいのサイクルで交換したらいいの?

A

エンジンの内部で、潤滑・密閉・冷却・洗浄・防錆などの役割をはたすエンジンオイルはとても重要です。オイルが劣化してくると金属同士の摩擦が増えてエンジンを痛め、音が大きくなったり、燃費が悪くなってしまいます。そうならないためにも、5000kmまたは6ヶ月毎の交換が効果的!

Q

最近購入した中古車をメンテナンスしたい。
だけど、何から手をつければいいのでしょう?

A

走行距離の多いクルマなどは、通常のエンジンオイル交換だけでは細部に残っているドロドロの老廃物を落とすことが出来ません。そこで、エンジン内部丸洗い!特殊な洗浄液でエンジンオイルの通り道を完全洗浄することで、燃費が向上!パワーも復活!します。お好みの缶オイルをお買い上げの場合も、エンジン内部丸洗いをおすすめします。

Q

最近、ミッションのギヤの入りが悪いんだけど・・・。

A

マニュアル車のトランスミッションの中では、数多くのギヤが噛み合って回っています。ギヤの入りが悪いと感じる原因は、トランスミッションの中で働くミッションオイルが劣化するためです。2万km走行毎のトランスミッションオイル交換をおすすめします。またオートマチック(A/T)車にも2万km走行毎の、A/Tフルード交換をおすすめします。

Q

四駆に乗っていますが、最近“うなる”ような音が気になるなぁ。

A

エンジンの動力をタイヤに伝えるギヤ部分(ディファレンシャルと呼びます)にも、潤滑の役割をはたすオイルが使われています。走行時の“うなる”ような音は、このオイルの劣化の可能性が考えられます。2万km走行毎のディファレンシャルギヤオイル交換をおすすめします。

Q

アイドリングが不安定、マフラーからも黒い煙・・・クルマの寿命なのかな?

A

走行を重ねていくうちに燃焼室内(燃料が燃える所)には、カーボンやヤニなどの頑固な汚れが付着していきます。これを放置し続けるとパワー不足や燃費の悪化、黒煙やアイドリング不安定などの症状が出てきます。そんな時には、燃焼室内を洗浄するエンジン燃焼室洗浄がおすすめです。

Q

エンジンルームから、キュルキュルという音が聞こえる。

A

エンジンの回転力をいろいろな補機類へと伝達しているゴム製のVベルトというパーツがあります。これが劣化したり、張りが緩んだりすることで「ベルト鳴き」と呼ばれる異音(キュルキュル音)が発生します。最悪の場合は切れて走行不能になる可能性があります。点検で劣化が判明した場合は、早めのVベルト交換をおすすめします。

section 3
Q

ブレーキを踏むと変な音がする。大丈夫なの?

A

ブレーキパッドは目に見えないところで減っていく消耗品です。ホイールの内側にあって、ディスクローターを挟みつけ、摩擦力でタイヤの回転を止める大事な役割をしています。キーキーという音は、摩耗が進んでパッドの残量が少なくなっている可能性があります。そんな時は、まずブレーキ点検!交換が必要な場合は、ブレーキパッド交換で早めの交換をおすすめします。

Q

ホイールの内側にドロ状の油がベッタリついている・・・なんだろう?

A

ハンドルを切るためにドライブシャフト(エンジンの動力をタイヤに伝達させている部分)が曲がるように作ってある部分をジョイントといいます。このジョイントを守っているのがドライブシャフトブーツです。ジャバラ状のドライブシャフトブーツが破れると、中からグリース(潤滑剤)が漏れ出してしまいます。そのままにしておくとジョイントまで損傷し、ドライブシャフト自体を交換する高額な修理が必要になる場合もあります。また破れたままでは車検にも合格しません。破れたと気づいたら、すぐにドライブシャフトブーツ交換を行うことをおすすめします。

Q

突然のパンク!新しいタイヤを買わないといけないのかな?

A

瞬間パンク修理材などの応急処置のまま乗り続けるのはちょっと不安。ジェームスでは、傷の度合いに応じて「内面修理」と「外面修理」をご用意しています。状態を確認し、お客様とご相談のうえパンク修理をプロのノウハウで行います。

section 4
Q

エアコンをつけても車内が冷えない(冷えにくい)・・・なぜ?!

A

エアコンにより車内が冷えるのは、エアコン内のガスのおかげです。エアコンの効きが悪いのは、ガスの減少が考えられます。そんな時は、エアコンガスチャージをおすすめします。

Q

エアコンをつけた時、クルマのパワーが落ちるのが気になるなぁ。

A

エアコンを作動させると、コンプレッサーが働くため、エンジンパワーが減少します。コンプレッサーの動きをよくして、エンジンの負担を少なくするのがエアコンオイル添加剤です。パワーダウン、燃費の悪化が気になる方は是非お試しください。

Q

エアコンを付けたら臭い!消臭剤は効かないのかな?

A

家庭のエアコンでいえば室内機のメッシュ上のところ。クルマではエバポレーターと呼ばれる部分に付く水滴にホコリが付着し、カビやバイ菌が繁殖します。これが臭いの原因です。エアコン消臭なら除菌洗浄でニオイを元からやっつけます。

section 5
Q

クルマがまっすぐ走らない、ハンドルが取られる・・・直るかな?

A

そんな時は、足まわりに微妙なゆがみが出ていることが考えられます。専用のテスターで点検・整備を行う4輪トータルホイールアライメント(一部実施していない店舗がございます)でクルマがまっすぐ走れるように調整いたします。

Q

フロントガラスに飛び石キズが付いちゃった!大丈夫かな?

A

ガラスに傷があると車検に合格できません。それに傷は浅いうちに直すのが得策。そのままにしておくと小さい傷でも、亀裂が広がり修理できなくなる恐れがあります。
傷が付いてから早ければ早いほど、ガラスリペアできれいに直ります。また、リペアでは直らない傷もジェームスのガラス交換にお任せください。

Q

ボディにこすり傷が!自分で修理するのは難しそうだなぁ。

A

クルマの傷ってなんだか恥ずかしくて、早く直したい。かといって自分で直してムラになったら嫌ですよね。
ジェームスのボディの傷補修なら、傷の具合をチェックし、お見積もりを出してから作業を行います。

section 6
Q

チョット気になる汚れがあるのですが、安くて手軽なメニューってありますか?

A

あります!サイドのガラス撥水ドアミラー撥水とドアノブ周りの小キズ取り、さらにドアミラーカバークリーニングなどをご用意しています。かゆ~いところにも手がとどく、ジェームスのお手軽メニューで愛車のリフレッシュを!

Q

シートにしみこんだタバコの臭い、どうすれば取れるの?

A

タバコやペットの臭いは車内を掃除したり、消臭剤を置くだけではなかなか取れないものです。実はシートにニオイがしみこんでしまっているから。でも大丈夫。室内抗菌・消臭ならタバコやペットの臭いもスッキリ除去。同時に抗菌もバッチリOK!