そうだったのか!クルマのはてな匠の一問一答集

クルマに関するちょっとした疑問やお悩みを解決します。
まずはシーンからお選びください。

カテゴリー

  • 点検・メンテナンス
  • 事故・トラブル
  • 視界・視覚
  • 洗車・傷修理
  • ニオイ
  • 冬季
  • その他
匠の一問一答集TOPへ

人気のタグ一覧

  • エアコン
  • エンジン
  • エンジンオイル
  • カーシャンプー
  • キズ補修
  • クッション・シートカバー・マット
  • 車のキー
  • ドライブレコーダー
  • バッテリー
  • ブースターケーブル(バッテリー上がり)
  • プラグ(スパークプラグ)
  • 芳香剤・消臭剤
  • 窓・ガラス
  • ミッションオイル
  • ライト・ランプ
  • ワイパー・ワイパーゴム
  • ワックス・コーティング剤
もっと見る

雨降りの時は窓が曇って運転が怖い、何か良い対策はありますか?

まずは窓が曇る理由ですが、正体はミクロの水滴です。

外気と室内の温度差が大きくなると、この温度差が要因となって窓に水滴が付着するのです。空気は温度が高いほどたくさんの水分を含むことができますが、温度が下がると飽和水蒸気量も下がります。

そのため、一方の温かい空気が窓に触れると窓表面の空気の温度が下がり、結果、空気中の水分が水滴となって窓に付着することになるのです。一度こうなってしまったら、外気導入にして換気を行い、両者の温度を近づけるか、あるいはエアコンを作動させて強制的に除湿し、さらにはデフロスターも作動させて早急に曇りを除去するのが一般的な解決手法となります。

それでも、窓が曇るメカニズムを応用し、水膜を残すことでくもりを抑える効果的な手段もあり、専用ケミカルやクロスなどが販売されています。カーエアコンへの負荷を抑えられるので、効率的な手法とも言えます。

車外が寒く車内が暖かいと窓の表面温度が下がり、それに触れた空気が冷やされ、空気中の水分が水滴となってガラスに付着するのです。賢い予防法は、“薄い水膜”を作ること。ぜひ実践を。

  • 窓・ガラス
  • ワックス・コーティング剤

関連製品

カーメイト
エクスクリア 360ワイパー C100
内窓専用ワイパー! SUVの大きなフロントガラスもどんどん拭ける!
カーメイト
Xクリア ガラス内側クリーナー
拭きにくいフロントガラスの内側も、拭きムラゼロに仕上げます!
プロスタッフ
窓ふき上手
ガラスのギラツキやダッシュボード・ハンドルなどに付いた汚れも落とします!
  1. HOME
  2. 教えてジェームス
  3. 匠の一問一答集
  4. 雨降りの時は窓が曇って運転が怖い、何か良い対策はありますか?