そうだったのか!クルマのはてな匠の一問一答集

クルマに関するちょっとした疑問やお悩みを解決します。
まずはシーンからお選びください。

カテゴリー

  • 点検・メンテナンス
  • 事故・トラブル
  • 視界・視覚
  • 洗車・傷修理
  • ニオイ
  • 冬季
  • その他
匠の一問一答集TOPへ

人気のタグ一覧

  • エアコン
  • エンジン
  • エンジンオイル
  • カーシャンプー
  • キズ補修
  • クッション・シートカバー・マット
  • 車のキー
  • ドライブレコーダー
  • バッテリー
  • ブースターケーブル(バッテリー上がり)
  • プラグ(スパークプラグ)
  • 芳香剤・消臭剤
  • 窓・ガラス
  • ミッションオイル
  • ライト・ランプ
  • ワイパー・ワイパーゴム
  • ワックス・コーティング剤
もっと見る

ゲリラ豪雨に備えて注意すべきことは何ですか?

ワイパーの作動が追いつかなくなるほどの豪雨も十分考えられ、一時的に視界を失うことが最も危惧されるところです。

こんな場合、安全な場所に停車することがまず大事になりますが、あらかじめ窓への撥水コーティングを施しておくことで、緊急時の助けになることがあります。

むしろ豪雨になればなるほど、高い水圧で水膜が留まることもなく、ワイパーの作動がなくてもある程度の視界を確保できることもあります。また、進路先にも多くの危険が待ち構えています。

とりわけ注意すべきは、水が溜まりやすい窪みです。アンダーパスなどはその端的な例でしょう。こういった場所では、見た目だけで水深を判断できません。

一般的にクルマが水たまりを進んでいけるのは、フロアよりも低い水深の場合のみと言われています。それ以上の深さではマフラーから水が流入してエンジンが止まることもあり、何よりタイヤが接地せずに浮いてしまい、駆動力を失うことにもつながります。

  • 窓・ガラス
  • ワックス・コーティング剤
  1. HOME
  2. 教えてジェームス
  3. 匠の一問一答集
  4. ゲリラ豪雨に備えて注意すべきことは何ですか?