そうだったのか!クルマのはてな匠の一問一答集

クルマに関するちょっとした疑問やお悩みを解決します。
まずはシーンからお選びください。

カテゴリー

  • 点検・メンテナンス
  • 事故・トラブル
  • 視界・視覚
  • 洗車・傷修理
  • ニオイ
  • 冬季
  • その他
匠の一問一答集TOPへ

人気のタグ一覧

  • エアコン
  • エンジン
  • エンジンオイル
  • カーシャンプー
  • キズ補修
  • クッション・シートカバー・マット
  • 車のキー
  • ドライブレコーダー
  • バッテリー
  • ブースターケーブル(バッテリー上がり)
  • プラグ(スパークプラグ)
  • 芳香剤・消臭剤
  • 窓・ガラス
  • ミッションオイル
  • ライト・ランプ
  • ワイパー・ワイパーゴム
  • ワックス・コーティング剤
もっと見る

価格が高いバッテリーは何が違うの?

バッテリーに求められる性能で大きな差が生じることになります。

高級なものほど、始動性がよく、安定した電源供給が可能になり、そしてより長持ちしてくれます。

それが価格差になって表れもしますが、長い目で見た場合のコストパフォーマンスは必ずしもどちらがいいとは言い切れません。もちがよいためにライフサイクルを長めに取れるのはもちろん、燃費に与える影響も無視できないためです。

近頃のクルマは、走行中に常にバッテリー充電しているわけではなく、必要な時にだけ充電することで、エンジンの駆動ロスを抑える賢い仕組みをとっています。

そこでものを言うのが、短時間で効率よく補充可能なバッテリーの充電受入性能です。この能力が優れている高級バッテリーほど、必要最小限の充電時間で済み、エンジンへの負担を小さくできます。

またアイドリングストップ機構も顕著に働かせることができ、使用燃料も抑えられて経済的になるのです。

簡単に言うと、充電受入性能とは充電能力とも言い換えられます。イメージとしては、間口が大きく、短時間で充電を済ませることができるため、エンジンへの負担を小さくできるのです。

充電制御システムとは、必要な時にだけ充電する、いわば省エネ機構です。充電する際のエネルギー源であるエンジンの駆動力を最小限に留められるため、燃費面でも有効と言えます。

  • バッテリー
  • 交換
  • ブースターケーブル(バッテリー上がり)
  1. HOME
  2. 教えてジェームス
  3. 匠の一問一答集
  4. 価格が高いバッテリーは何が違うの?