タイロッドエンドブーツ交換

ハンドル操作の力をうける間接部品を潤滑し保護している部品です。

施工目安

車検と同時施工がおすすめ

作業時間

60分〜

タイロッドエンドブーツの役割

ハンドル操作の力をタイヤに伝達し、路面の変化による衝撃と振動を吸収して車両の操作安定性を保つタイロッドエンドという部品があります。

ハンドル操作の度に摺りながら動いており、タイロッドエンドの関節部は摩擦を抑える為に潤滑剤(グリス)が塗布されており、漏洩防止と異物の浸入防止の為、ゴム製のダストカバーが取付けられています。

タイロッドエンドブーツ交換の必要性

ゴム製の為、使用しているうちに徐々に摩耗していきひび割れが起きたり破れたりしてしまいます。
ブーツが破れてしまうと、グリス漏れや異物が混入してしまうことで、関節部の潤滑ができなくなります。

そのままの状態で走行を続けると、関節部の金属同士が擦れ合わさって異音や破損の原因となったり、最悪の場合関節部が外れハンドル操作ができなくなる可能性もあります。

《タイロッドエンドブーツ交換ご利用にあたって》

※ピットメニューの価格は全国の店舗によって異なります。詳しくはお近くの店舗情報をご覧ください。

※国産車のみ対象となります。

※一部車種について対応できない場合があります。

※ 一部の店舗では実施していない場合がございます。

ご一緒にいかがでしょうか

曲がるときに異音須賀する場合、スタビライザーリンク本体やブーツの劣化の可能性もあります。

スタビライザーリンク交換

詳細はコチラ

走行中、足まわりから異音がする場合、ボールジョイントブーツの劣化の可能性もあります。

ボールジョイントブーツ交換

詳細はコチラ